いますぐ相談
お問い合わせはこちら
喜望大地

後継者がいなくても、M&Aで事業承継!M&Aによる事業継承 4つのメリット私たちなら実現できます! - 喜望大地 GMMI後継者がいなくても、M&Aで事業承継!M&Aによる事業継承 4つのメリット私たちなら実現できます! - 喜望大地 GMMI

お問い合わせはこちら

多くの中小企業は
「後継者不在」に悩んでいます

経営は順調
長くお付き合いいただいている
良い取引先もある
これから先も堅実に経営していけるはず

でも、

会社を任せられる後継者がいない…

こんな悩みを
抱えている経営者が
とても多いのが実情です

子供は大学を卒業し
安定した企業に勤めていて、
事業経営や後を
継ぐことに興味がない

借入の連帯保証も
引き継ぐことになるので、
強く勧めることもできない

「社員の誰かを」という
考えがないわけではないが、
ちゃんと経営していってくれるか
不安がある

このような悩みを抱えつつ、
「自分が元気なうちは何とか…」
と考えながら
事業を続けておられる経営者に
お伝えしたいこと。

後継者がいなくても、
M&Aでの事業承継を検討してみませんか?

喜望大地の
「M&Aによる事業承継」なら…

会社を売却する側の立場に立った、
M&Aによる事業承継が可能です!

喜望大地が選ばれ続ける
4つの理由

会社を売る側の立場に
特化した支援

赤字や負債があっても
売却可能

会社売却後も活躍できる
環境を確保

貴社に最適な買い手との
マッチング

喜望大地では数々の事業再生・経営支援の現場で
得た独自のノウハウをもとに、
他のM&Aアドバイザーでは成し得ない
売却側の立場に特化したM&支援サービスを
提供しています。

活性化するM&A市場

現在、中小企業では65%もの企業が「後継者不在」に悩んでいるといわれています。
経営者が引退する時、身内や社員に事業を託すことが難しい場合、第3者への企業譲渡・事業譲渡により存続させるというケースが増加しています。

その陰で、M&Aで後悔する人も
増えています

会社売却において、売却側は少しでも高く売りたい、買収側は少しでも安く買いたい、と考えるのは当然のことです。中小企業のM&Aにおいて、もっとも重要となるのは「貴社の価値をどのような基準で評価するのか?」です。

皆様がご心配される通り、単に負債と資産の評価や過去の決算等、買い手が要求する評価軸だけで企業の価値を算出した場合、貴社の将来性や優良な顧客など、本来の貴社のセールスポイント(買い手が手に入れたいもの)が正当に評価されず、買い手に有利な条件の中で話が進んでしまう恐れがあります。

対等な立場で売却交渉を進めるためには、このような「買い手の論理」に対抗する論点を導き出せるアドバイザーの力が必要になってくるのです。

マンガでわかる!
会社売却4つのポイント

会社売却において、特に買い手側の状況は日々変化します。買収側は複数の案件を比較しながら交渉を進めていることが多いため、タイミングを逃すと破談となってしまうリスクが当然あります。交渉成立を優先させてしまい、さらには売却側の知識や情報量が不足しているがために、本来その会社が持つ価値を算出・交渉を行うことができず「買い叩かれて」しまう…

このように、会社売却で後悔しないためには、売却側の立場に特化したアドバイザーによる支援が不可欠です。

売却側に特化した
アドバイザーが必要です

●少しでも高く売ります VS 少しでも安く買います

会社売却の交渉は、少しでも高く売りたい売却側と少しでも安く買いたい買収側との鬩ぎ合いです。売却側の立場に特化し、「少しでも高く」を徹底的に追求できるアドバイザーがいるのといないのとでは、結果が大きく変わる可能性があります。

●会社の価値算出方法はたくさんある

あなたの会社の価値(=売却金額)を算出する方法はいくつもあります。その中には、買い手にとって有利な交渉材料になる方法もあります。売却側に特化したアドバイザーによる企業価値の算出を行い、交渉を行う必要があります。

M&Aによる事業承継を納得できる形で実現するためには、経営者であるあなたが重視するポイントや意向をしっかりと汲み取り、貴社の企業価値が正当に評価されるように交渉を進める必要があります。

私たちのノウハウが
きっとお役に立ちます

中小企業の会社売却・事業譲渡・M&Aは、貴社の企業価値の算出方法によって大きく売却価格が変わってしまいます。不利な条件を十分理解せずに売却を行ってしまい、あとで後悔する…
そのようなことにならないためにも、多くの中小企業の事業再生を手掛け、「中小企業の企業資産とは何か」を深く理解している、私たち喜望大地にご相談ください。

すでに売却交渉が進んでいる場合であっても、「この条件は本当に妥当なのか?」をご判断いただくための「セカンドオピニオン」として、私たちのお話も聞いてみてください。
この話を知らずに会社売却を決めてしまってはいけません。


会社売却で絶対に後悔しないために
売却側に特化して支援いたします

貴社の持つ、有形・無形の企業資産。中小企業の場合、無形の資産(技術・人脈・ノウハウ等)にこそ大きな価値があります。会社売却の交渉の場でこれらを正当に評価させることができないと、貴社の企業価値は、本来のポテンシャルから大きく乖離してしまうことになります。
私たち喜望大地は、会社を売却する側の立場に特化し、貴社の企業価値が最大限に評価され、売却側のメリットを最大限に引き出すノウハウを持っています。

多数の事業再生実績とノウハウ
赤字企業を黒字化まで支援した上で、
高値売却することも可能です

無形の資産(技術・人脈・ノウハウ等)において有望な企業であっても、現状の決算が赤字であるが故に売却交渉が難航したり、条件が非常に悪くとても売却に踏み切れない、というようなケースが多々あります。
「うちは赤字だし、負債もあるから会社売却なんて無理だ…」
このようにお考えであるならば、ぜひ私たち喜望大地にご相談ください。
私たちには多くの事業再生の実績とノウハウがあり、会社売却においても、赤字企業を黒字化した上で有利な条件で売却を実現するという実績が多数あります。

会社売却で生涯資産を確保した上で
引退せずにより大きな舞台で
ご活躍いただくことも可能です

「会社・事業を売却する=引退しなければならない」というわけではありません。
中小企業の会社売却では、創業社長の売却後の支援は不可欠です。譲り受け企業との取り決めなどによっては譲渡されたあとも社長・会長の地位にとどまり、譲り受け企業の経営資源なども活用しながら成長を加速させ、より大きな舞台でご活躍いただくことも可能です。
会社・事業の売却によって生涯資産を確保し、債務保証からも解放されて本業に専念できることは、M&Aの大きなメリットの一つです。

喜望大地のコンサルタントは
全員が企業経営の経験者
だから社長の気持ちがわかります

喜望大地のコンサルタントは、全員が企業経営の経験者であり、様々な事業再生の現場で、社長と同じ目線でご支援することを絶えず意識しています。
だからこそ、創業社長の会社に対する思い入れ、従業員に対する愛情が誰よりもわかります。
創業社長は会社や従業員への思い入れが強い分、重視されることは「事業の継続」「社員の雇用維持」「取引先との関係の継続」であり、ご自身の創業者利益については二の次になりがちです。
こうした創業社長の想いに付け込まれ、本来手にできたはずの創業者利益を逃してしまうというようなことがないように、私たち喜望大地のコンサルタントは売却側の創業社長の立場に特化してご支援いたします。

M&A支援の流れ

よくいただくご質問

会社の売却についてまだ意思決定したわけではないのですが、このような段階でご相談は可能でしょうか?
会社売却・事業譲渡のご相談は早ければ早い方が良いです。
スケジュールにゆとりがあればあるほど、現在の事業の状況などを鑑み、どのようなステップで売却交渉を進めていくのかについてをしっかりと詰めることができます。(赤字を解消し、黒字化してから売却交渉に入る等)
会社の株式を譲渡した後も引退したくはありません。会社の役に立ちたいと思っていますが可能でしょうか。
可能です。中堅・中小企業の会社売却は、売却後の創業社長のアフターサポートが不可欠です。中小企業の場合、事業の根幹が社長そのものの人脈やノウハウによって成り立っているケースがほとんどだからです。
顧問、会長などの名称で企業をバックアップしていただくケース、譲渡後も引き続き社長としてご活躍いただくケースもあります。
この場合も借入の連帯保証や担保の差し入れがなくなり、資金繰りに苦労しなくても良くなるので、本来の社長業に専念でき、業績を飛躍的に伸ばされることが多くあります。
なぜ会社売却には売却側に特化したアドバイザーが必要なのでしょうか?
会社の売却において、企業価値の算出方法は様々なものがあります。
買収側の意向としては、少しでも安く買いたいわけですから、売買両面の仲介を任せている場合、売り手にとっては不利な条件であっても、取引の成立を優先してしまうケースがあります。そのため、売却側に特化したアドバイザーに、貴社の企業価値がより高まる算出方法を模索してもらい、売却側にとって有利な条件を引き出す必要があるのです。
喜望大地の強みについて教えてください
私たち喜望大地は、中小企業の事業再生を数多く手がけてきた経験から、中小企業が持つ企業資産は、単なる預金残高や不動産などの資産価値だけでは計れないことをよく知っています。
貴社の技術力や人脈などの無形資産、成長性などを適正評価し、貴社の持つ本来の企業価値を明確にすることができます。事業内容や技術力などに魅力があれば、現状が赤字であっても黒字化するまで事業改善のお手伝いをさせていただき、企業価値を高めてから売却先を選定することも可能です。
単に会社売却の仲介だけを行っているM&A仲介の専門会社では、このようなノウハウは持ち得ません。多くの事業再生を手掛けてきた喜望大地だからこそ可能となるのです。

M&Aによる事業承継。
納得いく形で実現できれば…

私たち、喜望大地の
「会社売却側の立場に
特化したM&A交渉術」なら、
貴社の企業価値を
正当に評価して
売り込みを行うことが
可能です!!

IT、建築、エンターテインメント、広告業界 / 売上10億円~100億円規模の事業再生 / 事業再生から事業開発までワンストップ支援

プロフィール

東京大学大学院卒業後に日商岩井(株)(現双日(株))に入社し、一貫して資金運用業務を行う。その後ベンチャー業界へ転身し、
おそらく国内初のSNS企業、三井物産(株)の子会社であったポイントプログラム企業、上場メガベンチャー企業で取締役CFO等を務め、
管理部門全般の統括、事業再生等に従事する。

2009年より中堅・中小企業向けの事業再生支援活動を開始、2013年より事業再生を終了したお客様を中心にM&A支援を開始する。

中小企業経営者の強い味方でありたいため、M&Aでは仲介は行わず、売却企業側の支援を行っている。

保有資格

工学修士・CTP(認定事業再生士)

社名
株式会社喜望大地
Good Hope Mother Earth Inc.
代表電話
0120-59-8686
(経営改善へのゴングはハローハロー)
代表Eメール
info@gmmi.jp
大阪本社
〒530-0012
大阪市北区芝田2丁目8番7号
八木ビル3F
TEL : 06-6372-1313
FAX : 06-6372-2777
東京本部
〒108-0074
東京都港区高輪3-25-22
高輪カネオビル8F
TEL : 03-3473-8880
FAX : 03-3473-8881
代表者
代表取締役 
喜多洲山(きたしゅうざん)
愛称:洲山
事業内容
経営コンサルタント / 事業再生コンサルタント / M&Aコンサル / 事業承継コンサル / 経営受託
資本金
8,888万円
お電話はこちら